「めいぶつチョイス」が生まれたワケ

めいぶつチョイスを企画·運営する弊社は、2012年4月に設立しました。
「ICTを通じて地域とシニアを元気にします」、これが弊社のミッションです。

弊社が考える、地域が元気な状態とは、「ヒト」「モノ」「おカネ」「情報」が循環している状態。
それが健全で理想的な姿であると仮定しています。

では、どうしたらその理想に近づけるのだろう。
今の日本が抱える問題や、過疎化の進む各地の姿をまずは知ってもらいたい。
そして、一人一人ができることを考えるきかっけになるものはないだろうか。

地域を元気にするための方法を模索している中で辿り着いたのが「ふるさと納税」でした。

ふるさと納税というツールを用いて、各地域が積極的に「情報」を発信することで、寄附金という名の「おカネ」が流れ、お礼の品で「モノ」が動き、さらに、体験型のお礼の品や寄附をきっかけにその地を訪れることで「ヒト」の移動も望めます。
そこで、2012年9月、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」をオープンしました。

ふるさと納税に関する事業に取り組み、これまで全国の自治体そして生産者·事業者の皆さまと一緒に地域の課題解決のための「種」をまいてきました。

その種は全国各地で、ノウハウや交流といった栄養をもらい育ち、少しずつ変化の「芽」が息吹いています。
その芽が「葉」をつけ、力強く天に伸びる「木」へと変化を遂げ、いつか大きな「実」をつけられるよう、地域が自走·自立できる可能性を新たに広げたい。
この想いが動機となり、「自治体ポイント」という地域に根ざしたツールを活用して名産品に触れ、日本各地が密につながる場となる通販サイト「めいぶつチョイス」をオープンしました。