刀匠が丹精込めて仕上げた腰鉈(刃渡180mm)

鉈は林業や猟師など山で働く人に適した刃物です。
最近ではDIYやキャンプの薪割りなど需要が増えています。

大分県杵築の名工、刀匠・河野忠喜さん(伝統工芸士)が一本、一本、丁寧に丹精込めて仕上げた切れ味抜群の逸品です。鉄の塊を熱し、たたいて、延ばして、成形してゆく過程の中で、長年培った経験と技がクオリティを磨いていきます。丈夫で長持ち、しっかりと砥ぎさえすれば、真新しい切れ味に甦ります。河野さんは、昭和63年に刀鍛冶の試験である文化庁の美術刀剣刀匠技術保存研修を終了し、刀匠として文化庁に登録されました。河野さんの手がける刃物の種類はじつに多彩。多種多様な包丁はもちろん草取り鎌や鍬、そして、牡蠣はがしや貝堀り専用の熊手など、漁師さん御用達の道具は河野さんあってのもの。微妙な"加減"を心得、その人にとって一番使いやすい状態の道具を作りあげることができるのもここならでは。腕一本で信用を築いてきたからこそ、通りに看板を掲げなくても、馴染みの常連たちが、長年使い慣れた道具を持ち込み、また、新しい刃物を注文する。使えば使うほど、その刃先までもがしっかりと馴染んでくる。切れ味の違い、その使い心地こそが匠の技、名工の証。一本、一本、丁寧に仕上げる品に一つとして同じ物はない。こうした鍛冶職人や工房が今なお残っているのも城下町杵築ならではと言えるのかもしれません。

こだわりポイント
14,801 (税込) + 送料
※送料は注文確認画面でご確認ください。
在庫 あり
Paypay使えます
14,801 (税込) + 送料
※送料は注文確認画面でご確認ください。
在庫 あり
Paypay使えます

この商品について

容量:
腰鉈 刃渡180mm

商品名
刀匠が丹精込めて仕上げた腰鉈(刃渡180mm)
発送日
5日後以降
ギフト対応
不可
販売制限数
1個まで
注意事項
  • ※一本、一本、丁寧に仕上げ一つとして同じ物はありませんので、イメージ写真のものとは、刃文などが異なります。
    ※刃は両刃です。

私たちはここにこだわっています!

刀匠の手掛ける逸品

大分県杵築の名工、刀匠・河野忠喜さん(伝統工芸士)が一本、一本、丁寧に丹精込めて仕上げた切れ味抜群の逸品です。
鉄の塊を熱し、たたいて、延ばして、成形してゆく過程の中で、長年培った経験と技がクオリティを磨いていきます。丈夫で長持ち、しっかりと砥ぎさえすれば、真新しい切れ味に甦ります。

清光特製 河野打刃物店
清光特製 河野打刃物店

ショップ情報

ショップ名
清光特製 河野打刃物店
出店者名
株式会社きっとすき
所在地
〒873-0001
大分県杵築市杵築1098番地

この商品をシェアで応援

同じショップの商品

関連するキーワード

父の日

関連するキーワード

一点もの

関連するキーワード

現地で購入可